人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

交通事故相談をすれば高額の慰謝料が請求できる

交通事故の被害者は、事故で被った損害分のお金を加害者に請求する権利を持ちます。これが損害賠償請求の権利です。賠償請求できる内容は、入通院の治療費や受信のための交通費、車いすの購入代金などの積極損害・仕事ができない間の休業補償や逸失利益といった消極損害・精神的な苦痛を被ったことに対する慰謝料など細かく分かれています。

加害者から被害者にいくら賠償金を支払うかは、被害者と加害者の保険会社とで話し合う示談交渉で決定するのが一般的です。ここで、加害者から被害者への賠償金は実際には保険会社が支払いますから、保険会社としては賠償額は低く抑えたいところです。そのため示談交渉の中では、安い基準で見積もった慰謝料を示すなど支払額を安くし示談に持ち込むことがあります。

被害者は損害賠償の知識に乏しく、事故で心身にダメージを受け治療中ということもあって安易に示談成立としてしまいがちですがそれでは大きな損です。示談で損をしないためには、弁護士の交通事故相談を受けて交渉の代理人になってもらうことです。

交通事故相談をするタイミング

交通事故相談は、事故にあったらできるだけ早くにしておくべきでしょう。遅くとも、示談の段階では弁護士を雇っておくべきです。示談では保険会社の担当者がやってくることが多いですが、素人では担当者にうまく言いくるめられてしまって、不利な示談となってしまう可能性が高くなります。

むちうちでも、障害認定がされて、高い賠償金をもらえることもあります。また、個人で示談をすると、高くても任意保険基準で計算をした慰謝料しかもらえません。弁護士に依頼をすれば、裁判所基準で算定をした高い慰謝料をもらうことができます。弁護士報酬を差し引いても大きなメリットが出る可能性も高いので、相談だけでも早い段階でしておくべきです。

交通事故相談をするメリット

交通事故に遭ってしまった場合に、たとえけがの程度が軽くても、弁護士に交通事故相談をすることが得策といえます。たとえばむちうちの症状が出ている時に、あまり重症ではないからとそのままにしておき、後になって重篤な症状が出てきてしまうことも決して珍しくありません。

弁護士に交通事故の相談をすることで、相手側に対して慰謝料や賠償金を請求することが可能であり、個人的に交渉するよりも、はるかに多くの金額を受け取ることができる可能性があります。そのため交通事故の当事者になってしまったら、弁護士に交通事故相談をすることには、大きなメリットがあるといえるでしょう。

交通事故相談では、費用に関するアドバイスも受けられる

交通事故にあってしまったとき、かなりの衝撃を体に受けてしまうので、それまでと同じように生活ができないことも多く、入院や通院を余儀なくされてしまうこともあります。また、いつまでも痛みやしびれが続くむちうちに悩まされてしまうケースもあり、こういった治療費や、休業補償は、きちんと受けないといけません。

このような専門的な知識は素人では持ち合わせていないので、交通事故相談で弁護士にアドバイスを受けましょう。後遺症について、賠償金、慰謝料など、様々な症例ごとの算定方法があり、被害者側にとって役立つアドバイスが受けられます。

交通事故相談で治療費の負担の軽減を目指す

自動車やバイクなどに轢かれてしまったせいで、むちうちの症状が起きてしまい困っている時に役立つのが交通事故相談です。慰謝料や賠償金の請求のサポートをしてもらえるだけでなく、短期間で示談をまとめるためのアドバイスなども受けられます。

個人で示談をまとめようとすると、かなりの期間をかける事になってしまい、治療費によって生活が苦しいままという事態になりかねません。交通事故相談であれば、平均でどれぐらいの期間で示談をまとめる事ができるのか、具体的な期間を伝えながらサポートをしてもらえるところが評価されています。

交通事故相談の手順は

交通事故でむちうちなどの被害に遭ってしまった場合、損害賠償について相手方の損害保険会社と交渉が必要になることがあります。法律の専門家でない被害者が損保会社のプロと交渉するのは精神的なストレスが大きいため、弁護士に交通事故相談を持ちかけるケースも多いようです。

弁護士に任せる大きなメリットのひとつが、賠償金や慰謝料の増額が見込めること。できるだけ支出を減らしたい保険会社は自社の基準で賠償額を提示してきます。しかし裁判所が正等と判断する基準はそれよりも高額で、弁護士は裁判所基準により交渉を行い、可能な限り金額を上げるよう求めます。

効率的に交通事故相談をするには

交通事故相談を適切に行うことで、むちうちなどの慰謝料を増額することができます。示談交渉と賠償金請求は基本的に弁護士に依頼することになります。交通事故に関する交渉は個人で行うこともできますが、専門家である弁護士に依頼するのが合理的です。

各弁護士事務所にも得意とする分野が存在します。交通事故分野を得意とする弁護士に依頼すすれば、円滑に示談交渉を進めることができるだけでなく慰謝料の増額も可能となります。交通事故相談は無料で行われている場合も存在します。早い時期に相談へ行くことで今後の見通しを立てやすくなるため効率的です。

交通事故関連