人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

債務整理は弁護士や司法書士相談から始めよう

借金で悩んでいる方は、1人で思い悩んでいても解決することはできません。

逆に、何もせずそのままの状態を続けていく事で、かえって状況は悪化していきます。

債務整理は、こういった借金で苦しんでいる人を法的に問題解決へ導いてくれるのです。
法的に救済処置をしてくれる債務整理ですが、全ての人に適応することができるとは限りません。

過度のギャンブルでできてしまい返済できない借金や高価な飲食をする生活を続けた上にできてしまった借金などは債務整理を行う事が難しい場合もありといえます。

債務整理は債権者との交渉などが必要となりますので、自身で行う事も可能ですが、交渉などはうまくいかないことも多いため、専門の弁護士や司法書士などに依頼することも多いのが現状です。

まずは、経験が豊富な事務所を探して、相談にのってもらいましょう。
債務整理といっても、色々な方法があり、その人の経済状況か環境によっても選ぶ手段が違ってきます。

債務整理の特徴について

借金の返済が立ち行かなくなり、債務整理をおこなう人は大勢います。債権者と交渉をおこなう任意整理や、裁判所で申し立てをおこなう個人再生や自己破産などの手段があります。どの手段をおこなうかは、自身の借金の状況によって変わってきます。

真面目な人ほどギリギリまで頑張ってしまいますが、返済できないところまできているのであれば、無理をせずに債務整理をすることです。そうすることで第二の人生をスタートすることができるでしょう。都心部を中心として弁護士や司法書士の事務所は数多くありますので、地震にあった事務所を探すようにしましょう。

浪費やギャンブルによる借金の債務整理なら専門家に相談を

借金の返済に困った場合、法律に詳しい方なら債務整理による救済措置の利用を思い付くでしょう。しかし借金の原因が浪費やギャンブルである場合、債務整理の手続きのうち自己破産を行うことができません。

残る手段は任意整理、個人再生、特定調停となります。この手続きを行っても借金を帳消しにできませんが、返済額は減らせるので月々の返済プランを改めて組むことが可能です。借金の額が膨大すぎる、収入が無い、などの理由で返済の目処が全く立たない方は、法律の専門家へ相談しましょう。裁判所には裁量免責の権限があるため、専門家の助力を得られれば、浪費やギャンブルによる借金でも自己破産が認められる可能性が高いのです。

4種類の債務整理はそれぞれどう違うのか

債務整理は借金問題を解決するために行われ、任意整理、民事再生、特定調停、自己破産の4つがあります。これらの手続きは、それぞれどう違うのでしょう。任意整理は、法律の専門家と債権者が協議し、借金の減額と返済方法の見直しを行います。

特定調停は任意整理とほぼ同内容ですが、裁判所を介して債務者と債権者が協議する点が異なります。民事再生は、企業を対象とした特定調整という感じの内容です。また個人向けの民事再生として、個人再生という手続きもあります。自己破産は最も特徴的な手続きで、裁判所への申し立てにより借金を帳消しにするものです。ただし債務者の財産も差し押さえとなる他、様々なデメリットがあります。

債務整理による速やかな借金問題の解決

借金に関するおおきな問題を抱えている方にとって、債務整理による手続きは、問題解決のための確実な方法でもあります。返済計画の見直しや、将来設計の立て直しのための手段として取り入れられることもあり、弁護士や司法書士への相談などと共に、手続き作業が進められます。

借入先の金融会社へ交渉を行う任意整理、裁判所の判断によって借金の残高が減らされる個人再生の他、完全な返済が見込めない場合には自己破産の手続きが行われます。借金額が帳消しとなり、個人信用情報機関への情報は伝達されるものの、普段の生活にあまり困る事もありません。

債務整理関連