人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

払い過ぎているお金を取り戻す過払い

どんな事にも言える事ですが、裁判を起こすという時に負けそうであれば辞めておこうかなと考える人もいます。

過払いにおいては、払い過ぎているお金を取り戻すために裁判を起こす事になりますので、負けるとお金が余計にかかってしまうという可能性も考えられます。

しかし、これまでに行われてきた過払いの裁判においては、結果として勝訴となったケースも多い様です。

また、和解となったケースもある様です。和解となった場合には正式な書類のやりとりも行われます。

そして、お金を取り戻す事ができます。いろんなケースがあるので必ずこの様な結果になるとは言えませんが、取り戻せる可能性もあります。

スムーズに行う債務整理

過払い金は支払いすぎた利子の事を言います。

過払い金は借金の返済中に返済してもらう事もできます。その場合は、過払い金を返済してもらわずに残りの借金返済にあてる事もできますので債務整理をする前に確認してみましょう。

そして、返済が終わってしまっている場合でも、過払い金の請求を行う事はできます。その場合、過払い金は手元に戻ってきます。

過払い金返済の手続きを自分で行う事は物理的に可能です。
専門家に依頼した方がよりスムーズに行えるのではないでしょうか。

過払い金の請求がまだ完了していない人は、早めに手続きを行いましょう。

過払いについて司法書士に聞く

もちろん過払いについて分からないからこそ、司法書士に聞いて対応してもらうという人が多いので、過払いについて知らない事が多くても、司法書士に依頼する際に心配する事はありません。

しかし、過払いに関する事で、司法書士とコミュニケーションを円滑に進めるためにも、手が届く範囲で基本的な事を知っておくと役立つ事は多いと思われます。過払いの事で相談できる司法書士を探すついでに、法律事務所のホームページを確認すると詳しく説明されている事もあると思いますので、少し目を通す様にするだけでも、自分の中の知識を増やせる事もあるでしょう。過払いについて難しく高度な事については、司法書士に聞くといいでしょう。

みなし弁済で過払い金請求が受けられなくなる危険性!

貸金業法43条1項に規定されていたみなし弁済は、利息制限法の上限利率を超える利息の支払いがあったとしても、一定の要件を満たせば、有効な返済であり、問題はなかったとみなす制度のことです。

賃金業者側の弁護士はお金を返したくないので、そのような主張をすることがありますが、平成18年1月13日の最高裁の過払い判例により、みなし弁済規定は実質、認められなくなりました。 ゆえに過払い金請求が受けられなくなる危険性については、心配する必要はないでしょう。 ただし最後の返済から10年を過ぎると時効となり、権利が消滅しますから、請求をするときは10年以内に行うようにしてください。

過払い請求で多重債務から逃れることが出来るかもしれません

多重債務で困っている方の多くに、利息を払いすぎているケースがあります。そんな方は弁護士に相談をして、過払い請求をすることによって、払いすぎた利息を返してもらうことが出来ます。完済している金融機関に対しても行う事が出来るので、多くの額が返ってくる可能性があります。

過払い金を請求した人の中で、長年借金に苦しんでいた人が借金から解放されたというケースも良く見られます。払いすぎた利息を払ってもらうには、弁護士に依頼をして金融機関を相手に裁判を起こす必要がありますが、全て弁護士が代理で行ってくれるので、とても簡単に払いすぎた利息を返してもらうことが出来ます。

過払い請求関連