人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

安心して過払いを弁護士や司法書士へ

返済額について弁護士や司法書士に伝え、過払いを行いますので、弁護士や司法書士は借金の詳細について知る事になります。

その事を懸念して過払いをする際に、借金の金額が多い事を弁護士や司法書士にどう思われるかと気になる人もいるかもしれませんね。

もし、どうしても気になる様であればすべて返済が終わった時点で弁護士や司法書士に過払いの相談をする事もできますし、また返済が難しいと思われる場合においては、早期に過払いや債務整理について借金相談をしたいですね。

過払いの問題だけであれば、時間的にゆとりがある場合もあるかもしれませんが、返済が滞りそうという時には、人にどう思われるかという事を気にする事より優先すべき事もあると思います。

過払い請求の可能性があれば弁護士へ

過払い請求は、金融業者へ行うべき、正当な権利です。とくに長年返済を続けて、しっかりと完済したほど、受けられる可能性があります。しかし、自分が対象かどうか、はっきり分からないという人も少なくありません。そんなときは、専門の弁護士へ相談しましょう。

法律事務所の中には、過払い請求に力を入れているところも多く、数々の実績を誇っています。そうしたとこで尋ねるのであれば、自分も請求できるかどうか、手続きにはどうしたらいいかを知ることができます。金融業者との交渉においては、弁護士の知識と経験が、たいへん有用といえるのです。

過払い金での一連と分断について

一度完済したけど、またお金を借り始めた人がいます。その場合、よく争われるのが「一連」か「分断」という問題です。例えば、A銀行からの借金を完済し、しばらく間をおいて、B銀行から借金をしたとしましょう。

この取引の過払い金を計算するのに、二つの方法があります。一つ目が「一連」です。どのように計算するのかというと、A銀行の取引とB銀行の取引を連続して計算し、過払い金を算出する方法です。二つ目が「分断」です。A銀行の取引の金額とB銀行の取引の金額をそれぞれ算出し、それを合計して過払い金を算出する方法です。

多重債務の経験がある方は過払いの可能性あり

借金の利息は、利率が20パーセント以内であることが法律により定められています。これを超える利息を払った場合、過払い金として返金請求を行うことが可能です。今現在は違法な利率を設定する貸金業者は一般におらず、いわゆる闇金と呼ばれる違法金融業者のみ行なっている可能性があります。

しかし法律が改正される2010年以前に借金の経験がある方、特に複数業者からの多重債務があった方は、利息を払い過ぎている可能性が高いです。借金の完済、返済中を問わず、過払い金は返金請求することが可能です。多くの法律事務所が無料診断を実施していますので、心当たりのある方は相談してみてはいかがでしょうか。

長期に及ぶ多重債務には過払い金が潜んでいます

法律で定められた利率を超過して利息設定を行う、グレーゾーン金利というものがあります。2010年の貸金業法施工によって処罰の対象となりましたが、法改正以前の借金にはグレーゾーン金利の可能性が潜んでいます。

グレーゾーン金利が存在した場合は、完済・返済中に関わらず過払い請求によって返金してもらうことが可能です。特に多重債務者の方は、返済先が多いために月々の返済額が少なくなる傾向にあり、1つの金融機関と10年以上取引を続けているケースが多々あります。もし法改正以前の利率のまま取引を続けていた場合、過払い請求で返ってくる金額は莫大なものとなり、借金完済したうえお釣りが残った事例もあるのです。

過払い請求関連