人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

過払い請求の時効と手続き

過払い請求について詳しく説明します。
10年という時効を過ぎていなければ、過払い請求の手続きを行う事ができます。

たとえ、返済をすべて終了していたとしても可能です。ただ、すべての返済が終了している場合にはすべての過払い金は振り込まれるなどして自分の元に戻ります。

返済中であれば、残りの返済に優先的に使うのですが、返済をすべて終了している場合にはその様な必要はありません。

しかし、手続きを行ってもすぐに振り込まれる分けではなく、時間がかかる事もあります。ですので、金銭的に厳しいからと言って過払い金は頼りにできないかもしれません。

もし、とっくに返済が終わっている人でも思い返してみて過払い請求ができそうなら手続きを行ってみてはどうでしょうか。クレジットカードなら思い当たる人も多いでしょう。

消費者金融会社と過払い請求

過払い請求をした人の数はすでにかなりの人数になります。過払い請求が始まった時点での潜在過払い額の合計は20兆円だったとも言われています。

請求は当然の権利なのですることに何の問題もありません。

ところで、それだけの過払い金を払う事になった消費者金融会社は潰れてしまわないかという疑問があります。

これに対する答えは、実際に無くなってしまった大手消費者金融の会社もあります。自業自得ではありますが、その時期の消費者金融はどこも経営が大変でした。

ちなみに耐え切れず会社が倒産してしまった場合、請求はどこへ向かってすればいいか分からなくなります。

実は、過払い請求は会社が倒産してしまうと取り返すことがほぼ不可能になります。それが経営破たんであれば、請求はあきらめるしかありません。

これからも潰れてしまう会社が増えれば、それはそれで、まだ請求していない人は非常に損をしてしまいます。まだしていないのであれば、急いで取り戻した方が良いです。

ただ、会社については、過払い金の取戻しのブームも一息ついた感があるので、今残っているところはそれ程経営が危ないわけではありません。もちろん他の理由でどうなるかはわからないので油断はできません。

何年借りると過払い金請求が出来るようになるのか?

一般的には、5年以上借りていると、過払い金を請求できる権利が発生すると言われています。2006年に最高裁判決が出されてからは、グレーゾーン金利がなくなりましたので、2006年以前に5年以上借りていたというのが1つの目安です。

しかし、グレーゾーン金利で借りていた人は、基本的には過払い金を請求する権利を持っています。しかし、その金額が1万円~5万円程度である場合には、弁護士費用などのほうが高額になってしまうので、あまりメリットがありません。そのため、5年以上借りていた人が1つの目安になっています。過払い金の金額が30万円以上でないとメリットがないと言う人もいれば、20万円くらいでも請求したいという人もいますので、ケースバイケースです。

過払いに関連する多重債務も多い

多重債務と思われているものの中に、過払いの影響で実際には多重債務になっていないものもあります。回収しておけば、その時点で借金と認められないものもたくさん出ているのです。でも過払いを回収する方法がわからなかったり、そもそも出ていないと思っていない人もたくさん出ています。

多くの人が問題を放置しているために、回収できずに結果的に返済を続けてしまうのです。しかし返済後でも回収できる方法ですから、払った後でも回収できるように手続きをした方がいいです。良いサービスを使えば、回収は容易にできるので、お金を取り戻して返済ができます。

多重債務には過払いも生まれている

意外なところに発生している過払いは、少しでも解消させることが重要になっています。なるべく問題のないようにしたいですが、解消している借金でさえ過払いが発生しているのですから、残されている借金にも当然生まれている可能性があります。

もし発生している状況であれば、多重債務の解消を考えつつ、速やかに回収しておきます。回収しないと時効を迎えてしまう可能性がありますので、回収できなくなり生活が辛いものになってしまいます。問題なく回収ができるように調整しつつ、返済も含めて色々な方針を考えていくことになります。できないと大変な問題もあり得ます。

過払い請求関連