人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

債務整理と世間体

借金をしていた事について周囲の人に知られてしまったら、悪く思われるのではないか、もしくは自分が恥ずかしい思いをする羽目にならないか、など周囲の事を心配する人もいるかと思います。

確かにその気持ちも分かります。しかし、その様な思いを持つ事が債務整理を遅らせてしまう事もあるでしょう。その結果、周囲の家族などにもっと迷惑がかかり、苦労させてしまう事も考えられます。

債務整理をしないといけない状態になってしまったのであれば、周囲の事はあまり深く考えすぎないで、とにかく自分の借金を解決する事だけに集中したいですね。

プライドなどは捨てて、着実に解決に向けて、一歩を踏み出しましょう。

債務整理で借金から解放されましょう

債務整理は弁護士などの法律家に相談することで、手続きや申請を行う事が出来ます。内容は、借金の免責や減額、返済プランの変更などです。払いすぎた利息を返してもらう、過払い金請求なども行う事が出来ます。

いろいろな手法を使い借金の返済をしていきますが、どうしても返済の目途が立たない場合は、自己破産宣告をすることができ、全ての借金を免除してもらうことが出来ます。自己破産宣告をすると私生活に一部制限がかかってしまうので、法律家も出来るだけ破産宣告をしないで済むようにしてくれますが、やむを得ない場合は破産宣告をします。

様々な方法が存在している債務整理

複数の方法が存在している債務整理は、借金の問題を抱える一人ひとりの状況に合わせた解決方法が適用されます。借入先の金融会社と交渉をおこなう任意整理、裁判所の判断で借金額を減らせる可能性がある民事再生などがある中、完全な返済がどうしても見込めないという場合は、自己破産の手続きが進められるケースもあるのです。

弁護士や司法書士など、国家資格を有する専門家へ依頼することによって、面倒な手続き作業を代行してもらうこともできて、日常生活においてのペースを維持しながら、借金の問題を解決させることが可能となります。

債務整理・自己破産、難しいのはタイミング

債務整理の一つである自己破産は、その行うタイミングがなかなか難しいのです。基本的に弁護士や司法書士で自己破産を最初に進められるという事はありません。なぜかというとそれなりにデメリットが付きまとうということと、やはり最終手段であるという認識が強いためです。

なぜ最終手段なのかというと、借金を0にすることができる方法だからです。今抱えている借金が0円になれば問題はすべて解決するような気がしますよね?実際に自分の給与の中では返済することができない、という人にはぴったりかもしれません。しかしこちらをすることで様々な障害が出ることも忘れてはいけないのです。

債務整理で自己破産をするということ

債務整理で自己破産をするということが一体どういう状況になるのか勉強してみましょう。ただ借金が0円になるだけではなく、自分の周りを取り巻く環境が変わっていきます。まず大きなところとしては今まで返済していた毎月の借金の返済がなくなります。

これが自己破産をすることによる最大のメリットです。そしてそれと同時にある一定の財産を喪失することになります。裁判所から差し押さえをうけた物品や金銭については手放す必要があります。大体20万円くらいが目安と言われており、車も新車をもっている人は差し押さえの対象になります。また家も、借りている人には問題にはなりませんが、持ち家の人は差し押さえになります。

債務整理関連