人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

債務整理の借金額不明

かなり前の借金が、膨らんでしまって返せなくなる場合などは、借り入れした際の書類がどこかに行ってしまったり、もしくは紛失してしまって詳しい事などが分からないという事もあるかもしれませんね。

そんな場合には、そのままにしないで法律事務所に相談すると、債務整理を行う前に、金融機関に対して取引履歴の開示を依頼してくれる様です。そうすれば、その情報を元に債務整理を行う事ができますね。

とにかく、無事に解決する事が何より大事な事ですので、分からない事があったり、書類をなくした事など、すべてを法律家に話をして何とかしたいですね。

くれぐれも解決が遅れない様に注意すべきでしょう。

債務整理から取り組む借金問題

任意整理や個人再生、特定調停、自己破産といった債務整理の手続きは、弁護士や司法書士への借金相談を通じて、手続き依頼をすることができます。長年、借金の問題を抱えてきた方などにとって、自分の力で問題を解決させることが困難な状況に陥っているケースも多く、対処が難しい場合もあります。

よりスムーズに対処したい場合などにおいて、手続きを代行してもらうことで、面倒な作業が発生することなく借金問題の解決が目指せます。借金相談は無料で取り扱われていることも多く、法律に基づいた正しい情報を集めながら対処したいものです。

専門家の助力を得て秘密裏に債務整理を行う

家族や会社などに借金を知られたくない方は多いです。ですが返済が滞ると債権者からの連絡が入り始め、そのうちに取り立ても始まってしまいますので、これにより借金の事実が知られてしまいます。

絶対に内緒にしたいなら、返済の目処が立たなくなった時点で即行動すべきでしょう。法律事務所に相談すれば、周囲に知られることなく借金問題を解決する手助けをしてくれます。

最も秘密裏に解決できる方法は、債務整理手続きのうちの任意整理という方法です。また、借金の返済は不可能と判断された場合でも、ご自身を取り巻く状況や、専門家の裁量次第では、自己破産でも秘密裏に行える可能性があります。

債務整理によって解決させえる借金問題

借金問題を抱える方にとって、解決の糸口ともされる債務整理には、複数の方法が存在しています。借金額の減額を、借入先である金融会社へ直接交渉する任意整理は、裁判所への届け出が必要ありません。

また裁判所からの判断によって、返済額が減らされることもある民事再生は、継続して返済を行うための見直しとして取り入れられています。さらに、完全な借金の返済が困難と判断される場合においては、自己破産の手続きを行うことも可能です。借金が帳消しとなり、日々の生活の立て直しや、将来設計の見直しなどにおいても活用されています。

任意整理は最も費用が安い債務整理の手続き

任意整理は、最も費用が小さくて済む債務整理として人気を集めています。普通、債務整理で何らかの手続き行う際には、弁護士に対する費用の他にも裁判所で手続きをしてくれる人たちに対する費用も考えなくてはいけませんので、かなり大きな費用になることが多いです。

例えば、自己破産では約30万円の費用が必要になりますし、民事再生もそれくらいの費用が求められます。一方で、任意整理に関しては問題を抱えた債権者一社当たりで、わずか3万円程度の費用しか必要にならないというメリットがあります。そのため、債務者への手続きの負担も小さいわけです。

債務整理でも単純な任意整理

任意整理は、借金の残高が大幅に減る方法ではありませんが、少しだけ減らしたいと思っている方に便利です。債務整理では、大きな借金を減額するイメージが強くなっていますが、実際にはそこまで大きな減額を行うのではなく、少しだけ減額するようなイメージで使います。

借金の残高には、利息によって残されている金額が多くあります。利息が多ければ多いほど厳しい状況になりますので、任意整理によって少しだけ減らします。利息がなくなれば返済できる可能性も高くなりますので、あまり返済しなくてもいい状況になり、残っていた借金を返せます。

債務整理で自己破産申請を行う方法について

借金を重ねて返せなくなってしまう場合があります。返済する努力をしても、借金を返せなくてどうしようもなくなったら債務整理をして自己破産申請を行う事が出来ます。裁判所に申し立てをして認められればすべての借金を返す必要がなくなります。

しかし自分でこれらの作業を行うのは大変ですので弁護士や司法書士に頼むのが一般的です。自己破産をしたら、家や車などの所有物は手放さなければなりません。手元に残せるのは、わずかな現金のみです。またブラックリストに載ってしまうので、クレジットカードなども使えなくなってしまいます。

債務整理 大阪は心の底から笑顔になる弁護士相談

債務整理関連