人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

遺言書作成の方法は3種類あります

遺言書作成には、自筆証書遺言、公正証書遺言の2通りが広く知られていますが、他に、3番目の方法があります。秘密証書遺言というものです。これは、あまり知っている人がいないとおもわれますが、内容を秘密にしたまま、遺言書がある事だけを記録してもらうという方法です。

公正証書遺言のように内容を知られることはありません。2人以上の証人をつれて公証役場に行きます。公証役場は、大阪には管轄ごとに何か所かあります。遺言書は本人が書きます。内容は秘密なので、不備があってもチェックされずに無効になるというデメリットもあります。手続きも面倒で、費用もかかりますので、どうしても秘密にしたい場合だけの利用がおすすめです。

遺言書作成を作成するポイントとは

遺言書作成は、あくまで法律文書である事が前提となります。民法において定められてはいますが、理解しただけでは、形式的な遺言書を作れるのみで、真に被相続人の気持ちが反映されている遺言が執筆できるとは限りないのです。

なぜ遺言書の作成が難しいのかと言えば、気持ちが関係するからです。気持ちは一定ではないので、時とともに変化していきますので、遺言書にもメンテナンスが必要となってきます。また、財産などの評価も時とともに変動しているからです。また、作成してから20年以上経ってしまった場合などがあります。大阪や東京などの都心部に相談できる機関がありますので、相談してみることをおすすめします。

遺言書作成には実は色々法的決まりがある

子供のために遺言書を残しておこうという人は沢山いますし、できればお金がかかるので自分で遺言書作成しようと思っている人も多いかと思います。しかし実は効果のある遺言書作成には様々な法的必要事項があるんです。

例えば遺言の内容、日付、遺言者の署名は全て自分が書かなければならない、日付はきちんと明記することなどです。どれか一つでもかけているとその遺言書は無効となってしまいます。大阪などの大都市では司法書士や、弁護士さんが無料で相談会を開いていたり、書き方のアドバイスを受けることができるようなセミナーが頻繁に開催されています。

遺言書作成における弁護士の必要性

財産を誰かに残したい、もしくは残したくないなどという意思をしっかりと遺言書に残しておくことは大切です。例えば身内がいなくても生前お世話になった大阪の友人に遺産を渡したい、暴力を振るうような身内に遺産を渡したくないなどといった場合が考えられます。

遺言書の書き方自体は書籍やネットなどで学ぶことができるので、自分だけでも遺言書作成は可能です。しかし、自分自身だけで書き上げた遺言書と弁護士が関わった遺言書では効力の強さが違います。それは遺言書というものは偽造が可能なものだからです。そのため弁護士のような第三者に関与してもらった遺言書の方が、信頼度が高いというわけです。

正しく行わなければならない遺言書作成

資産を所有している方にとって、どのような相手へ自分の資産を引き渡すかなどの意思表示が可能である遺言書作成は、生前に取り掛からなければならない重要な作業でもあります。自分の死後に、残された家族などの間で大きなトラブルを引き起こさないようにするためにも、正しく作成された遺言書の存在が大切です。

遺言書を作成する際には、複数の方法に分けられており、状況や内容に応じた作成を進める必要があります。弁護士などの法律専門家へ相談することも可能であり、法律に基づいた情報を取り入れながら、確実に作成することもポイントです。

遺言書作成関連