人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

遺言書作成のメリットとは

遺言書作成の最大のメリットとは、相続人にあたる人同士でもめずに、相続の手続きを円滑にできる事です。相続人同士で遺産の分割方法を悩まずにすみますし、遺産分割協議を開く手間も省けますし、法定相続人に入っていない内縁の妻などにも、財産を分ける事が可能になります。

一方で遺言書を残さないと、親族での争いが起きてしまうケースがありますし、相続人が多い場合には手続きが複雑になり時間もかかります。また、相続人がいない場合は国の財産になります。いずれにしても東京や大阪など、都市部にある専門の機関に相談してみる事が大切です。

遺言書作成における第三者

遺言書作成は今や書籍やネットなどでの情報により、自分だけでも行うことが可能となっています。しかし、同じ遺言書でも効力に差が生まれることをご存知でしょうか。それは弁護士などの第三者の存在の有無です。

遺言書は偽造、改ざんの可能性が捨てきれないというような理由で、自分だけで作成したものは第三者を介したものより効力が弱くなってしまいます。なので、しっかりと法的に効力のある遺言書を作成したい場合弁護士の存在は必要不可欠です。また、遺産というものは親族だけに配分されるものではありません。本人の意思次第では血縁がなくとも財産を残せます。大阪の知人に残したなどの想いがある場合は遺言書に明記しましょう。

遺言書作成の際に相談できる機関とは

遺言書作成を検討している方にとって、どのように進めれば良いかを悩む場面は多く見受けられるでしょう。行政書士などの専門家に相談することはもちろん、相続に関する相談や遺言書作成についての認識など、情報を集めながらサポートを受けられる会社が存在しています。

大阪を中心に全国各地に見られ、またインターネットでの情報量も充実しているため、様々な背景を持つ方に重宝する機関が数多く、存在しています。相続に関するトラブルに対しても対応してもらえる場合があり、遺産相続について大きな不安を抱くことなく手続きが行えます。

遺言書作成の種類とそれぞれのメリットとは

遺言書作成前に、ポイントがいくつかあります。遺言書には種類があり、自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言があります。自筆証書遺言のメリットは、紙とペンがあれば作成可能な事です。

しかしながら、不備があると遺言書として認められないケースもありますので注意が必要です。一方で公正証書遺言は、公証役場という専門の機関で、公証人に立ち会ってもらい、作成していく遺言書です。担当者が関わることで作成に不備がない上、公証役場において、遺言書の保管をしてもらう事となります。公証役場は東京や大阪などの都心部を始めとする場所にあります。費用がかかる事と他の人に遺言内容が知られますが、安心して預ける事が可能です。

正しい遺言書作成を進めるための方法

資産を持っている方が進める遺言書作成というのは、さまざまな規定が存在しているので、正しく作成されることが大切になります。自分の死後に、残された家族などの間で大きなトラブルが発生しないよう、できる限りの対策を立てておきたいものです。

遺言書の作成方法には複数の手段があり、自分の作業のみで完結できるもの以外に、公証役場や公証人の介入が必要なケースもあります。遺言書の記載内容や状況などに合わせることが大切であり、確実な情報を得ることや代行依頼などを目的に、弁護士や司法書士などの法律専門家へ相談する方も多く見受けられます。

遺言書作成関連