人生再設計Support 債務整理で借金問題を解決しよう!

借金の返済ができないために、借金の返済と生活を維持するために、借金を膨らませてしまう生活を続けてしまっている。
こうのような状況に置かれてしまっている人も多いのです。

秘密証書遺言という形式の遺言書作成について

遺言書作成の中の一つに秘密証書遺言があります。自筆証書遺言と公正証書遺言の間に位置するような方法です。自身で遺言書を書き、封をした遺言書を公証役場に持っていきます。大阪でも同じです。この時に証人を二人連れていくのも、公正証書遺言の時と同じです。

違うのは、公正証書遺言が遺言者は口述するだけで内容を書くのが公証人だという事です。秘密証書遺言の場合は、内容を秘密にしたままで、遺言がある事だけを記録してもらうやり方です。遺言書の書き方に不備があったとしてもわかりません。遺言書は持ち帰って自宅で保管する事になりますので紛失の心配もあります。

大阪での遺言書作成について

遺言書作成は簡単なような気もしますが、盛り込まなければならないことに関するルールがあります。このルールを満たしていない遺言書は効力を持たず、せっかく作成しても無駄になってしまう可能性があります。例えば、自分で遺言書を作成する場合には、すべて自筆で作成する必要があります。

また、日付や署名、捺印なども必要となります。その他に、不動産については、「自宅」などと書くと特定出来ないため、登記簿謄本に記載されている通りに書く必要があります。大阪のような大都市には、遺言書の作成に関する相談に対応している行政書士や弁護士が多数存在しています。

確実な遺言書作成の手引き

我が身に何かがあった時に家族が困らないように残しておく遺言書ですが、その効力には差があることをご存知でしょうか。どういうことかと言うと、遺言書作成自体は一人で行ってもなんら問題はありません。法的にももちろん有効です。

しかし、もし不備があった場合には無効となってしまいます。また、偽造の可能性がゼロではないので法的な効力が弱くなります。ではそうすれば信頼度の高い遺言書となるのかと言うと第三者である弁護士を通すことです。第三者がいることで法的な効力が強まります。こうした遺産関係の問題に強い弁護士というのは大阪をはじめ各地にいます。

トラブルなく遺言書作成を行うには

故人が遺族の遺産相続をスムーズに進めるよう、遺産に関する意思表示として遺言書の作成は非常に重要なものとなります。そのため、資産を所有している方にとって、遺産の分配方法を自分の思うように決めたい場合は、遺言書を作成して活用させることが有効な方法となります。

自筆証書遺言と公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類に分かれ、見合ったものを選択して相続人の対象となる方に遺言が残されます。それぞれ専門的知識を活かすことで、より有利な立場になることも可能であるため、遺言書作成に詳しい専門影の相談が有効的です。弁護士へ無料相談できる機関は、大阪などを中心に存在します。

遺言書作成には細かいルールがあります

遺言書作成をする方はとても多く、ほとんどの方が残された家族に最後のメッセージを書いています。遺言書は法律によって、いろいろなルールが決められています。自筆でなければいけない、名前はフルネームでなければいけないなど、とても細かく決められています。

せっかく遺言書作成しても、ルールを一つでも破っていると無効になってしまう可能性があるので、遺言書を書いたら弁護士などの法律家に見てもらい、ルールを守っているのかチェックしてもらうようにしてください。どのように書いたら良いのかなども無料で、アドバイスをもらうことが出来る弁護士事務所が多くあります。

大阪で遺言書作成ならここ。

遺言書作成関連